エリアクエスト |

事業用不動産賃貸のエリアクエストです。

エリアクエスト|お掃除ロボットと暮らす

2013.03.20 Wed

09:46:49

ルンバブルという言葉が生まれるほど今、大人気なのがお掃除ロボット。でも上手に使うためには、家具やドア、窓まわりなど、家づくりにちょっとした工夫が必要です。今回は、お掃除ロボットが掃除をしやすい家にする!ルンバブルリフォームのポイントをご紹介します。

ルンバブルという言葉が生まれるほど今、大人気なのがお掃除ロボット。でも上手に使うためには、家具やドア、窓まわりなど、家づくりにちょっとした工夫が必要です。今回は、お掃除ロボットが掃除をしやすい家にする!ルンバブルリフォームのポイントをご紹介します。

ルンバブルリフォームでお掃除ロボットと暮らせる家にする

ルンバとは、アメリカのアイロボット社のお掃除ロボットで、円盤型をした掃除機が自動で床の掃除をする家電製品です。現在は東芝やシャープなど国産製品も充実してきており、今後急速に普及が進むと言われている人気家電です。性能は機種により異なりますが、充電式で床を自動で掃除し、最後は自ら充電器にもどって行くという賢い掃除機です。


ルンバブルな家にリフォームしたいという要望も。お掃除ロボットブームの先駆者となったアイロボット社のルンバ。充電器に戻っている様子。

ルンバブルとはルンバ+エイブル、お掃除ロボットで掃除がしやすいという意味の造語です。このお掃除ロボット、朝、仕事に出かける時にスタートさせれば、帰る頃には床掃除が終わっているという便利な家電なのですが、苦手な動きや、形状により掃除ができない部分もあります。

そこで、それらの不便を解消したのがルンバブルな家、というわけです。最近では、新築やリフォームの際にルンバブルな家にしたいという要望が増えてきました。またルンバブルな家にしておけば、お掃除ロボットが無くても掃除がぐんとラクになります。実はルンバブルとは、掃除の邪魔モノを無くすということなのです。

お掃除ロボットの苦手はスキマとコード!壁面収納リフォームで部屋を四角く

お掃除ロボットのサイズは、直径が30〜35cm程度、高さが10cm弱です。と言うことは、それより狭い場所には入れないということ。例えば置き家具と壁のスキマ、家具と家具とのスキマは、お掃除ロボットでは掃除をすることができません。

また意外な邪魔モノになるのがコード類です。テレビの電源コードやアンテナコードが床を這いまわっていると、障害物となり絡まったり、掃除効率が落ちてしまいます。


壁面収納にリフォームすれば、収納効率、掃除効率が上がるだけでなく、地震にも強くなる。全てに扉を付けることも可能。耐震ラッチも忘れずに

そこで置き家具の代わりに、壁面収納を取り付けるリフォームで掃除の障害物を無くしましょう。ルンバブルの基本は、部屋を四角くスッキリさせること。テレビは壁面収納にセットするようにすれば、コード類も表に出てきません。スキマとコードが無ければ自力での掃除もラクになります。

壁面収納にリフォームすれば、収納効率、掃除効率が上がるだけでなく、地震にも強くなり、インテリアをまとめやすいといったメリットも。散らかったモノは壁面収納に片付けて、部屋をスッキリさせておきましょう。またソファーや椅子、テーブルなど家具選びの際は、足の高さが10cm以上あり、足と足の間をお掃除ロボットが通れるようなデザインを選びましょう。

掃除ロボットは段差が苦手!床の段差解消と引き戸にするリフォームを

お掃除ロボットの大敵と言えば、床の段差です。2cm程度までなら乗り越えてくれる機種もありますが、それ以上の段差があるとUターンしてしまいます。また開き扉が閉まっていれば隣の部屋に移動できませんし、開けておくと今度はドアの裏側と壁の間に掃除ロボットが入れなくなります。


床の段差を無くし、ドアは引き戸にするリフォームをすれば、掃除がラクになるのはもちろん、バリアフリーになる。写真は上吊りタイプの引き戸なので床にレールが無い

そこで床の段差は無くしてフラットにし、開き扉は引き戸にリフォームしましょう。上吊りタイプの引き戸を選べば、床にレールもありません。これはバリアフリーにするための基本のリフォームでもあります。つまりルンバブルな家とは、人が安全に移動しやすい家でもあるのです。

ちなみに床材選びで注意が必要なのは、タイルや石材、そして毛足の長いカーペットです。両方共に多くのメーカーで使用できない床材と指定していますので注意しましょう。

カーテンが掃除ロボットの障害物に?上下開閉タイプにリフォーム

お掃除ロボットの意外な障害物になるのがカーテンです。運転の妨げとなるため、「使用前に床からカーテンなどの垂れ下がりを片付けておいて下さい」と説明書にあるメーカーもあります。


上下に開閉するスクリーンに交換リフォームして下から10cm上げておけばOK

そこで掃き出し窓は、上下に開閉するスクリーンに交換リフォームしておきましょう。外出時も下から10cm上げておけば、サッシの際までお掃除ロボットが掃除をしておいてくれます。

充電のための基地、ホームベースにはコンセントと広さが必要

お掃除ロボットは自力で充電の基地、ホームベースまで戻ります。その際は、センサーで移動していますので、囲まれた狭い場所を基地にすると、戻れない場合があります。ルンバの場合は、ホームベースから赤外線を受信できる範囲は畳1畳分くらいのスペースとのこと。

ホームベースはよく使う部屋の広く空いたところに作るようリフォームプランを立てましょう。もちろん充電用のコンセントを取り付けておくのも忘れずに。床から浮かせた収納の下に作っておくと、充電中もジャマになりません。


床から浮かした吊り収納。ホームベースはよく使う部屋に計画して。コンセントも忘れずに(パナソニック)

ルンバブルな家にするには間取りにも工夫が必要です。お掃除ロボットは、細い廊下が曲がりくねっているような間取りは不得意です。四角い部屋が連続しているような単純な部屋のほうが掃除の効率が上がります。

(AllAboutより引用)
 
 
お掃除ロボットや、タブレット、浴室乾燥機など家庭用電化製品の進化とともに、暮らし方が変わってきましたね


事業用不動産賃貸ならエリアクエスト。

オススメ情報

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら